湯山っ子日記(平成30年度)

本の魔法

湯山小学校では読書活動のさらなる活性化をめざして、

昨年度からTV朝会時に、自主制作ビデオの「本の魔法」を流しています。

今回も、湯山三姉妹の進行のもと、教職員からのおすすめの本を紹介していきました。

この「本の魔法」を契機に、

読書の量もさることながら、質や分野が広がるといいなと思います。

世界が100人の村だったら

キャリア教育の一環として、6年生がJICA(青年海外協力隊)の方をお招きして学習を行いました。

この学習では、世界が100人の村に縮小されたと仮定し、

世界の多様さが実感できるようになっています。

最初に行った、挨拶が通じる人を探す活動だけでも、

我々とは違ういろいろな人々がいることを子どもたちは感じたようでした。

この学習は来週も続きます。

月の観察

秋晴れのいいお天気です。ちょうどいいタイミングで、4年生の理科は月の観察。

運動場に天体望遠鏡を持ち出して、一人一人が昼間の月をじっくり見ることができました。

造形活動の真っ盛り

ちょうど今、どの学年も秋の造形活動の真っ最中。

2年生は「ゆめで見たせかい」を、3年生は「自分だけのふしぎな世界」を制作しています。

どちらも、自分だけの世界を表現しようといろいろな技法をもとに、楽しみながら活動しています。

子供たちの活動に校長先生も興味津々。アドバイスを交えながら教室を回っていました。

委員会活動の集合写真

「卒業」に向けての取組がぼちぼちと始まっています。

今日の6時間目は、卒業アルバムの作成を依頼している写真館さんが来校し、

終始、和やかな雰囲気で各委員会の6年生を撮影していきました。

なお、明後日の4日(木)には児童の個人写真を撮る予定です。