松山市立湯山小学校 
〒791-0104
愛媛県松山市食場町甲128番地
TEL 089-977-0001
FAX 089-977-9984

お知らせ

令和2年9月1日(火)

【新型コロナウイルス感染症を理由とした差別や偏見をなくすために】

 文部科学省から、保護者の皆様向けのメッセージと相談窓口の紹介がありました。


 

令和2年8月21日(金)

【登下校における熱中症対策のお願い】

 来週は8月の登校日(補充学習)です。連日猛暑が続いていますので、来週以降の登下校においては、感染症対策とともに熱中症対策にも十分気を付けてください。

・ソーシャルディスタンスが確保できる場合には、マスクをずらしましょう。

・登下校中は暑さ対策用クールタオル(スカーフタイプも含む)を活用してください。

・登下校の日傘(黄色の傘でも可)は、熱中症予防も考えられるとともに、ソーシャルディスタンスを図ることができるので、活用してください。

 

 令和2年6月19日(金)

【新型コロナウイルス感染症による小学校等対応助成金・支援金についてのお知らせ】

 厚生労働省から標記の助成金・支援金について、令和2年6月30日までの対象期間を令和2年9月30日まで延長し、受付期間も令和2年12月28日までとするとともに、上限額等の引上げを行うこととした旨連絡がありましたのでお知らせします。

 なお、この件については、学校へお問い合わせいただいてもお答えできませんので、下記厚生労働省ホームページをご確認いただくとともに、「学校等休業助成金・支援金、雇用助成金コールセンター」へ直接お問い合わせください。

 

●新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金

小学校等の臨時休業に伴い、子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得された事業主への助成金

【厚生労働省ホームページ】

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

 

●新型コロナウイルス感染症による小学校等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

子どもの世話を行うために、契約した仕事ができなくなった個人で仕事をする保護者への支援金

【厚生労働省ホームページ】

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

 

●学校等休業助成金・支援金、雇用助成金コールセンター

0120-60-3999(受付時間:9:00~21:00)※土日・祝日含む

 

 

 

 令和2年6月3日(水)

【新型コロナウィスル感染防止の徹底のためのお願い】

 

 

 

 令和2年5月25日(月)

【松山市教育委員会 教育長 藤田 仁様からのメッセージ】


 

 令和2年5月20日(水)

【ランチョンマットの準備のお願い】

 

 給食が始まると、ランチョンマットを机の上に敷くようになります。机の大きさが44cm×65cmですので、それを目安にご準備ください。ランチョンマットを袋に入れて持たせてください。感染予防のために、使用したランチョンマットは、毎日袋に入れて持ち帰ります。毎日清潔なものに取り換えるようにお願いします。

 ① 給食準備として袋からランチョンマットを取り出します。

 ② 配膳が終わり、食べ始める直前にマスクを外し、外したマスクを①の袋に入れます。

 ③ 食べ終わったら①の袋からマスクを取り出し、すぐにマスクをします。

 ④ 片付けが終わったら①の袋にランチョンマットを入れます。

 

 令和2年5月19日(火)

【登校後の子どもの動き】

① 児童玄関から自分の教室まで速やかに移動する。

② 手を洗ってから教室に入る。

③ 自分の席に座り、ランドセルの中から健康観察確認票だけ出す。

④ 担任による健康状態確認後、荷物を片付ける。

⑤ 自分の席で、静かに読書等をして過ごす。

★ 感染症防止のため、登校の際には検温をし、風邪の症状の確認の上、ピンク色の健康観察カードにご記入の上、お子さんに持たせてください。 

★ 感染症防止のため、自分の席で静かに過ごす時間があります。まだ、学級文庫の本の貸し出しはできませんので、各自、家庭にある読書用の本(マンガ以外)を持たせてください。

 

 

令和2年5月16日(土)

 【マイエチケット袋の準備のお願い】

 感染症のリスクを軽減する対策として、「マイエチケット袋」の準備をお願いいたします。

 

 令和2年4月21日(火)

【新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための更なるお願い】

                           愛媛県教育委員会より

【3つの緊急事態回避行動】

1 うつらないよう自己防衛

2 うつさないよう周りに配慮

3 県外や不要不急の外出自粛

 

【各家庭へのお願い】

① 計画的に学習を行うなど、日常生活に支障がない限り自宅で過ごす。

② 3密を回避し、不特定多数が訪れる場所や混雑する店舗への外出は特に控える。また、県外の感染拡大地域や市中感染の可能性が否定できない地域への不要不急の往来を自粛する。

③ 朝の検温による体調の確認、マスクの着用、咳エチケット、手洗い・手指の消毒等の感染防止策を徹底する。 

 

 

令和2年4月17日(金)

【新型コロナウイルスの感染を広げないための臨時休業について】

                      愛媛県教育委員会より

                      

 

 

 

 

R2湯山っ子日記

第2回クラブ活動

 今日はクラブ活動がありました。6年生は、卒業アルバム用の写真撮影もしました。

 スポーツクラブはバスケットボールやサッカーのゲームを楽しみました。

 家庭科クラブは「お花ゴム」を、ものつくりクラブは「べっこうあめ」を、パソコンクラブは「名刺」をつくりました。

 図工クラブは思い思いに好きなイラストを描きました。水軍太鼓クラブは少しずつばちさばきが様になってきています。

 

「薬物乱用防止」講座

 6年生は、愛媛県赤十字血液センター顧問(名誉所長)で元外科医師の松坂俊光先生のお話を聞きました。わたしたちに起こりうる「依存症」の可能性は、薬物だけにとどまらず、酒・たばこ・スマホ(ネット)、ゲーム、ギャンブルなど様々です。特に、スマホ依存症の影響として、「学力・体力・視力などの低下」については明らかになっています。また、脳機能にも影響があり、脳障害になると、それをもう治すことはできず「やめたくてもやめられない」という状態に陥ってしまうそうです。「スマホをやめなさい」という声掛けに、イラっとするお子さんの姿を見たら要注意。スマホ依存症予備軍かも知れません。現在、すでに「スマホ(ネット・ゲーム)依存症・予備軍」の割合はなんと40%です。今日の学習について、是非ご家庭で話題に出していただき、スマホの使い方(場所・時間帯・金額など)を今一度、家族で一緒に見直してみてはいかがでしょうか。ちなみに、学童期の子どもは「1日30分以内の使用が望ましい」そうです。
 松坂先生は、今後「気付き、考え、実行する」人になってほしいと、子どもたちに強いメッセージを残してくださいました。今日の学習を基に、自分について見つめ直したり、正しい判断をしたりし、何かの行動に移すことができるきっかけになってほしいと思います。

運動会練習順調です!

 あいにくの雨で、今日は体育館での練習となりましたが、運動会練習が順調に進んでいます。

 各学年のダンスは、通し練習や小道具を持った練習ができるようになりました。

 中学年は今日から団体種目の練習も始まりました。

赤い羽根共同募金

 環境ボランティア委員会の呼び掛けで、今日から赤い羽根共同募金がスタートしました。(30日まで)

 赤い羽根共同募金で集まったお金は、地域の福祉活動に使われます。

第2回色別集会

 4連休明けの朝は、色別集会でスタートしました。

 応援リーダーを中心に、各グループの応援練習が子どもたち主体で進んでいきました。